上角 弥生

インテリアコーディネーター&ハッピーカウンセラー

ウエカドの安心リフォームではカラーやインテリアを取り入れ、よりリフォームを楽しんで頂きたいと思っております。
リフォームをすると部屋のイメージや、間取りが変わります。そんな時今までの家具の配置、インテリアの方法など迷ってしまいますよね?
そんな時はお気軽にご相談下さい。弊社インテリアコーデイネーターのチーフ上角弥生がお一人お一人に合わせたアドバイスをさせて頂きます。

ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイス

こんな悩みもウエカドのリフォームなら解決します。リフォームで生まれ変わった新しい空間をカラーやインテリアを通じてより素敵空間に仕上げるお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご相談下さい。

インテリアカラーの豆知識  〜知って得する色のマジック〜

インテリアカラーの基本

室内の色はベースカラー、アソートカラー、アクセントカラー、で構成されています。

●ベースカラー

床・壁・天井など、室内の大半を占める色。
室内の約70%を占める色。

●アソートカラー

インテリアのメインになる色。カーテンやソファー、ラグマット
など大きめの家具がこれにあたります。
室内の約25%くらい。

●アクセントカラー

空間のアクセントになる色。クッション、小物、花などがこれにあたり、室内に約5%程取り入れるとバランスよくコーディネートできます。アソートカラーの反対色や鮮やかな色を使うほど、室内にメリハリが出ます。

インテリアで色彩計画

●床の色で部屋のイメージを決める

面積が大きく視界に入る床は、色彩計画の基本となります。
例えばフローリング(ブラウン系)にも、明るい色やダークな色、赤みの強い色やグレイッシュなブラウンなど様々な色みがあり、床の色とアソートカラー、アクセントカラーの色みを統一させることで、部屋のイメージをまとまりやすくします。

●本当は色みの多い『白』

多くの壁に使われる白にも様々な色みがあります。床同様アソートカラーやアクセントカラーと色みを統一させましょう。壁面ごとや、壁と天井で色の明るさを変えると、空間の奥行きが広がります。

●効果的に使える『グレー』

グレーには、すべての色を引き立てる効果があります。この効果を応用して、グレーの混ざった色を使うと、色同士の相性がよくなります。

●照明によって色のイメージは変わります

光にも色がありますので、照明の種類によって色が違って見えます。大きくわけて白熱灯、電球色蛍光灯、昼白色蛍光灯の3つがあります。
一般的に白熱灯の方が色をキレイに見せると言われていますが、最近では白熱灯と同じような蛍光灯も数多くありますし、LEDなどエコに役立つ照明もありますので、ショップなどで実際に見て選んでみましょう。


カラー診断の詳しい内容はこちら

カラー診断のお問い合わせはこちら