【海田町】浴室リフォーム

●介護保険住宅改修工事

右手に障害があり、杖で屋内移動をされているS様。浴室の入口が開き戸で使い辛く、段差が10センチあり、転倒の危険がありました。
開戸を引き戸(2枚引き戸)に交換して床の段差を解消する事で、浴室の出入りで転倒の危険も減り、使いやすくなりました。
尚且つ、ユニットバス(TOTOさん製品)にする事で今までの冷たいタイルの床と違い、冷たくなく、しかも柔らかいクッション床になっているので、万が一転倒しても危険が少なくなっています。
BEFORE
  • 施工前1
    今までは開き戸で幅も狭く使い勝手が悪かったそうです。
  • 施工前2
    洗面所と浴室の段差が気になります。
  • 施工前3
    約10㎝の段差がありました。
    AFTER
  • 施工後1
    二枚の引き戸にする事で使いやすくなりました。
  • 施工後2
    開いた時の幅が広くなり、介護される方も介助しやすくなりました。
  • 施工後3
    10cmあった段差も解消されています。
  • 施工後4
    ほとんど段差がありませんね。