【海田町】玄関・トイレ・浴室リフォーム

●介護保険住宅改修工事

玄関の段差で転倒して、足を骨折してしまったO様、もう同じ箇所で転倒しないように玄関の段差に手摺を設置しました。屋内で日常的に生活される箇所(廊下、トイレ、浴室)にも手摺を設置して、移動の容易性、転倒の危険を減らしました。
少し背が低めのO様に合わせて、現地でお客様と打ち合わせしながら手摺の高さも低めに設置しました。
BEFORE
  • 施工前1-2
    この玄関で転倒されたそうです。
  • 施工前2-1
    玄関からの廊下です。幅が広いのですが、掴まる物がありません。
  • 施工前3-1
    トイレも掴まる物が無いので、壁に手を当てて立ち座りをされてました。
  • 施工前4-1
    浴室はタイルになっており、滑りやすいので浴槽に入る為にまたぐのが怖かったそうです。
    AFTER
  • 施工後1
    段差の箇所には縦に手摺を設置しました。
  • 施工後2
    廊下は端まで手摺を設置し、安心して移動出来るようになりました。
  • 施工後3
    トイレの手摺はL型に。座る時も、立ち上がる時も力が入れやすく工夫しました。
  • 施工後4
    浴槽もトイレと同じ考えで、L型の手摺にしました。素材が樹脂なので、水に濡れても滑りにくく、腐らない素材になっています。