【東区】介護を考えた住む人みんなにやさしいリフォーム

 

マンション最上階のスケルトンスペースを住宅にリフォームしました。

段差ゼロのバリアフリー住宅です。

廊下をなくし、空間を最大限有効活用できる間取りにしたことで、

介護させる側もする側も使いやすいように工夫しました。

 

天井高がとても高かったので、LDKにロフトも造作。

子どもの勉強スペースや、収納スペース、ライフスタイルに合わせて使ってもらえます。

その分、夏場の暑さ対策として、ウレタンの断熱材を天井と壁に吹き付けました。

夏でも窓を開けておくだけで涼しく快適に過ごせます!とお客様からの声も♪

 

また、床材には車椅子でも大丈夫な強い素材のフロアタイルを採用しました。

電気のスイッチの高さを標準よりも下げて取り付けたり、手すりをつけたり、

お客様が住みやすい、お客様にやさしい家造りをさせていただきました!!

 

 
  • IMG_0346
    玄関ポーチからスロープで
    入れるようにしました。
  • IMG_0889
    段差のない玄関。
    廊下をなくして、この広いホールから
    各部屋へ行き来できます。
  • IMG_0881
    勾配天井を活かした和室。
    とても落ち着いた空間になりました。
  • IMG_0431
    車椅子でも料理できるように下がオープンなタイプのキッチンを取り付けました。
  • IMG_0379
    キッチンの高さと合わせてカウンターをL型に。棚も造作で取り付けて収納量たっぷりです。扉をあえてつけず、出し入れしやすいようにしました。
  • IMG_0455
    ダークな色の床に電球色の照明で落ち着いた
    あたたかみのある雰囲気に。
  • IMG_0789
    トイレも幅を広くとって介護しやすいように。手洗器は洗いやすいように大き目のものを選びました。
  • DSCF3923
    洗面台は造作して、収納量たっぷりにしました。ローラアシュレイの鏡はお客様のお気に入りです。
  • IMG_0468
    浴室は介護を考えて1.5坪タイプに。
    TOTOのベンチ付きで車椅子の方でも移動がしやすいです。
  • DSC06986
    模型を利用して間取りの確認を何度も行いました。